自己処理をやめてサロン脱毛を勧める本当の理由

自己処理がなぜいけないのか

ムダ毛の自己処理はよくないと言われています。自己処理というとカミソリ、毛抜き、この2つが主流でしょう。長年の実績があるこれらの方法がなぜいけないのでしょうか。結論から言うと、肌を痛めるからです。

カミソリは毛だけ剃っているように感じますが、実は肌の表面の角質層までそり落としてしまっています。角質は肌内部を外部刺激から守る大事な役割を果たしているので、剃ってしまうと肌内部が危険にさらされます。毛抜きに関しては2つ問題点があります。まずはうまく抜けずに途中で切れて切れ毛になることが多い点です。切れるだけならまだしも、肌内部で切れてしまうと埋もれ毛の原因ともなります。もう一つが毛を引っ張る際に肌に大きな力がかかり、それがダメージとなって色素沈着や毛穴の開きの原因になる点です。

サロン脱毛なら肌に優しい

サロンの脱毛はカミソリや毛抜きと違って肌に優しいです。光を当てるだけでお手入れが終了するからです。もちろん光にはムダ毛を処理するだけの威力があるので、肌に与えるダメージがゼロというわけではありません。ダメージを防ぐために照射前に冷却ジェル、後には冷やして保湿ローションなどしっかりとしたケアをしてもらえます。それにこの方法でいったんツルツルになればその状態を長期間維持できるのも魅力です。ツルツルの間はカミソリや毛抜きなどのお手入れをする必要がない、つまり肌にダメージを与えなくて済むわけですから、肌に優しい脱毛法なのです。

広島の脱毛の技術の高い医療機関に通うことで、皮膚の表面や毛穴への負担を最小限に抑えることが可能です。