出産で崩れてしまった体形を、どうしても戻したい!

妊娠と出産で変化する女性の体

赤ちゃんを授かると、女性の体は赤ちゃんを育むために変化していきますよね。具体的な例としては、卵巣から分泌されるリラキシンというものがあります。このホルモンはお産をしやすい身体を作るために必要な物なのですが、骨盤のゆがみを起こす原因でもあるのです。産後に体形が崩れる一因となっています。さらにリラキシンの働きで腹直筋離開になりやすくなるので、ぽっこりとしたお腹が元の状態に戻りにくいんです。さらに妊娠中は血液量が1.5倍近く一気に増えますが、出産時に大量の水分が体から抜けますよね。この時に身体の水分のバランスが乱れるので、少しでも身体が水分を保とうとするのですが、そのせいで身体がむくみやすくなります。産後のダイエットでは、このように自然に変化した自身の体の仕組みを理解したうえで、地道に無理のない範囲で行わなくてはいけません。

産後エクササイズを始める

産後の体は自分で回復しようとするので、出産前の体に戻しやすいという特徴があります。産後一か月くらいから始めるのが理想ですが、体調とよく相談して始めて下さい。産後半年くらいまでは産後ダイエットの効果が出やすいですよ。すぐにでも体形を戻したい、という気持ちもあるでしょうが、出産から一か月たつまでは産褥体操をする程度にしておきましょう。無事に一か月経過してからが、産後エクササイズの始まりです。簡単なストレッチから始めて、腹筋を鍛えるエクササイズをしたり、赤ちゃんの重さを活用するヨガなどを行ってみましょう。

産後ダイエットをしたいときには、母乳育児をすることです。赤ちゃんに母乳を与えることで、多くのカロリーを消費できます。