自分にぴったりな方法を探そう!目元の美容整形方法の紹介

二重埋没法のメリット・デメリット

二重埋没法は、まぶたの表面と裏側の皮膚を手術用のナイロン製の糸で縫いとめることで二重を作る方法です。

平行型・奥二重・末広がりと仕上がりも色々あるので、患者の好みに合わせる事が出来る方法としても人気です。

さらにメスを使わないで行う方法なので、身体への負担も少なく、施術時間も短時間という特長があります。

またやり直しも比較的簡単なので、仮に仕上がりに満足いかなかった場合でも再び施術が可能です。

デメリットとしては、効果が永久ではないので定期的に施術を受けなおす必要があるという点です。

費用はあくまでも相場ですが両目で10万円前後になります。なお、糸を縫い留める数によっても費用が変わってくるので事前に調べましょう。

目頭切開法の概要と注意点

目頭切開法は、目頭部分にある「蒙古ひだ」と呼ばれる部分をメスで切開することで目を大きく見せる方法になります。

横幅が広くなるので、切れ長の目元になり目と目の間隔が狭くなることで相対的に鼻も高く見えるようになります。

この方法は二重埋没法と併用されることも多い手術なので、自分の希望する仕上がりに柔軟に対応しやすい方法でもあります。

なお、目頭部分の皮下脂肪が多いことでお悩みの方や目と目の間隔が広いことでお悩みの方にもオススメの方法です。

注意点は、メスを使用した手術になるので傷が治るまでは手術痕が目立ちます。その場合にはガーゼを当てたりすることで解消できます。

また、蒙古ひだを取りすぎてしまうと目と目の間隔が広くなりすぎて違和感のある印象になるので程度には注意が必要です。

小陰唇縮小をしたいなら、医療機関を訪ねることです。女性ドクターが診療や施術を行っているところもあり、安心して受診できます。