サロンでネイルをする場合の注意点!これさえ守ればネイルを長く楽しめます

ジェルネイルをしたことでの主なトラブル

爪がきれいだと気持ちも高ぶりお洒落度も一気にアップします。そんなお洒落のマストアイテムとして注目されているネイルですが実は意外にもトラブルが多いのです。その内容は折れやすくなってしまったという事と、グリーンネイルになってしまった、アレルギーになってしまったなどです。折れやすくなってしまった原因は、ジェルをオフする際に機械を使って表面を削りますが、その際自分の爪を削りすぎてしまい、薄く割れやすくなってしまうのが主な原因です。グリーンネイルは緑膿菌という菌が原因で、浮いてきたジェルと自分の爪の間に水が入り、そのまま放置したことにより細菌が繁殖してしまうのが原因です。ジェルが浮いてきたら放置せずオフをし、皮膚科で受診すれば治ります。またジェルネイルに使う薬剤が原因で水泡が指にできたり、赤みやかぶれが起こります。肌が弱い人や喧騒が酷い人は突然起こりやすいトラブルです。

トラブルを未然に防ぐために気を付けることとは

まずはお店選びが重要です。日本ネイリスト協会認定のお店を選ぶのがいいでしょう。施術内容も爪に易しく、無理に削るといった方法ではなく肌に優しい薬剤を使って丁寧に落とします。安いお店が決して悪いわけではありませんが、トラブルのなる可能性は高くなります。浮いたジェルネイルは放置せず、三週間から四週間の間にオフして新しいネイルにしましょう。またお肌の乾燥が酷い場合はこまめにハンドケアをし、ジェルネイルも毎日しっかりとキューティクルオイルでケアをする事をお勧めします。

ネイリストはライセンスを取得して爪の美容や健康の手入れを入念に行っています。技術力が優れているので手際が良いです。